• ビジネスで戦える英語力を

トランプのスピーチが株暴落のきっかけになった!

本来ならば、アメリカ国民の不安をやわらげ、リーダーとしての信頼をかちとるためのスピーチが逆効果になりました。
トランプがスピーチを始めた途端、株の先物価格は下がり始め、ブラックマンデー以来の暴落を記録。なぜトランプのスピーチは逆効果になったか?これを考えると「説得力」の本質が見えてきます。

まずトランプのスピーチを見てみましょう。時間のない方は最初の1分だけでもいいです。

まず全体的にどんな印象をうけましたか?いつものトランプ節はかげをひそめ、重苦しい不自然な語り口。
プロンプターに写っている原稿を読んでいるからそうなるのはしかたがありませんが、なんかいやいや話している感じがします。つまり、これは彼の心からのメッセージではないことは、誰が見てもわかります。
これはプレゼンでいうところの「話し方/Manner」に関わる部分、表情、目線、ジェスチャー、声に関する部分です。
UCLA教授のアルバートメラビアンは聞き手が話し手を信じる決め手は話の内容よりも話し手の話し方であると断言しています。例えば同じ「ありがとうございます」という言葉一つとってもこころからの言葉なのか、形式だけの言葉なのかはその話し方ですぐにわかります。今回のトランプのスピーチにはいつもの彼らしいダイナミックな、ある意味、魅力的なMannerがありません。これを感じ取った投資家はすぐに、彼は真実をいっていない、単なる建前をいっているにすぎないと判断し、株を一斉に売る方向に動いたのです。

それに加えてスピーチの内容には明らかに間違った発言とあいまいな発言があり、スピーチがおわったあと政府閣僚があわててそれを訂正しました。これは「話の内容/Matter」の部分です。たとえば、今回のイギリス以外のヨーロッバからの渡航禁止発言はそれらの国のリーダーたちとの密接なコミュニケーションの結果、決定されたという発言、これは全くの嘘だということが判明。なぜかといえばそれらのリーダーたちは寝耳に水だったと証言しているからです。この前例のない危機に望んで真実をかたるべき大統領がその内容において嘘を言ったり(もっともトランプはうそばかりついていますが)すればその信頼は地におちます。

ということで、今回のスピーチはその意図するところと全く逆の結果、「信頼の失墜」をまねいてしまいました。ここから学べること、それは人を説得するためには、真実の内容を誠実な話し方で語らねば、ならないということ。それがなければ、どんなに地位が高くても人を説得できないということです。トランプは今回のこの危機を国民の自分に対する信頼を高める機会として使うことができず、アメリカ、そして世界を危険な方向に引きずってしまったと言えます。
これによって彼の大統領としての再選の可能性は地に落ちたとも言えるのではないでしょうか。

今回のスピーチに関するワシントンポストの記事の一部をいかにアップしますので、意味を理解してから音読練習しましょう。最低3回繰り返してください。

In times of national crisis, people look to the president for direction, reassurance and confidence. President Trump’s Oval Office speech on Wednesday night provided precisely the opposite.
From the misstatements to the omissions to his labored demeanor, the president sent a message that shook financial markets, disrupted relations with European allies, confused his many viewers and undermined the most precious commodity of any president, his credibility.

国家危機の時代には、人々は大統領に指示、安心、信頼感を求めます。 水曜日の夜に行われたトランプ大統領の大統領執務室でのスピーチは、まさにその反対でした。 大統領は、虚偽の陳述、言い落とし、ぎこちないスピーチの仕方まで、金融市場を揺さぶるメッセージを送り、ヨーロッパの同盟国との関係を混乱させ、多くの視聴者を混乱させ、大統領の最も貴重な商品である信頼性を損なった。

This is a crisis not of the president’s making, but Trump has become the government’s least credible leader in the response to it. He is a cheerleader by nature, a president who is more comfortable dealing in exaggerations than facts. Trained scientists and medical doctors in government have sought to provide realistic assessments to the public. Trump has made false predictions and statements that contradict the experts.

これは大統領の意図したものではない危機であるが、トランプはそれに対処する上で政府の信用度が最も低いリーダーになった。 彼は元来、チアリーダーであり、事実を述べるよりも誇張するのが好きな大統領だ。 訓練を受けた科学者と医師は、現実的な評価を国民に提供しようと努めてきました。 トランプは、専門家と矛盾する誤った予測と発言を行っています。

河原崎ケニー研修プログラム一覧はこちら
https://drive.google.com/file/d/13zBHExmBTshRpmlYVgdWRbdHRpcBGAeZ/view?usp=sharing

河原崎ケニー・プロフィール
https://drive.google.com/file/d/14JMHQZML7EzZOUDZn9gxdbjSmFpN7isz/view?usp=sharing

説得できるプレゼンテーションスキル・コミュニケーションスキルの詳細はこちら
https://drive.google.com/file/d/1jhBJrjKDu6rKSX2nWaB8ztJg5B6E0rQ5/view?usp=sharing

グローバルビジネスで勝ち抜くディベート・ミーティングスキルの詳細はこらち
https://drive.google.com/file/d/1lmzMyrKleoEm0cCcLDxVdwKa8EcYufAl/view?usp=sharing

国境を越えて信頼されるリーダーシップ・プレゼンテーションスキルの詳細はこちら
https://drive.google.com/file/d/1OyQDEo_NaTtjaoIibSsdbVt27OgnITJv/view?usp=sharing

日本と中国の架け橋になる日本人駐在員向け日中異文化理解ワークショップの詳細はこちら
https://drive.google.com/file/d/1dBCX-PPufyKJnQknXYFprCIoLEP7WQvd/view?usp=sharing

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。