• ビジネスで戦える英語力を

Clean Energy will Change the World.

21st century power

みなさん、個人的な事情で、5ヶ月間もごぶさたしてしまいました。お元気でいらっしゃいましたか?

今日からまた英語力を爆増したいと思っているみなさんにお役にたちそうな時事英語記事とそれを使った学習法についての動画を週に2〜3回のペースで、アップしていきますのでよろしくお願いいたします。

英語力を会話ができるレベルから、ディスカッションができるレベルまで一気に上げる一番いい方法はなんでしょうか? 

その答えは、毎日ひとつの記事いいですから、New York Times, Economist, CNNなどの信頼できる①ニュース記事を集中して10分で読み込み、②5分でサマリーして、さらに③3分で自分の意見を言う、その意見に自信があれば、投稿する。この3ステップを20分〜30分以内で毎日実行して行く、です。

これは僕自身がこの10年間実行していることです。これをつみあげてきたおかげで、昨年はNew York Timesに投稿した自分のコメントがトップ10以内にランキングされました。

このブログではその実践者としてそのやり方をデモさせていただき、皆さんに英語学習の一つの効果的な方法としてお役に立てていただきたいと思っています。

皆さんが得られる具体的なメリットは以下の3点です。

①New York Timesなどの時事英語を使って毎日飽きずに英語学習をつづける方法が体得できる。
②世界情勢の動きを日々つかみ、また自分の頭で考え、解釈し、英語で表現することの楽しさを体験できる。
③①②を日々継続することで、会話レベルだった英語力がディスカションができるレベルまで急伸し、
 日々のビジネスで英語でプレゼンテーションテーション、交渉ができるようになる。

さて今日の記事はECONOMISTの最新号のカバーストーリー、21st century powerです。決して簡単な記事ではありませんが、これからの世界を大きく変える情報が書いてありますので、是非読み切ってください。

英語力に自信がない方はgoogle 翻訳による訳もつけておきましたので、そちらから読んで大意をつかんでから読んでもいいでしょう。

ここでは皆さんに記事を自分の言葉でどうまとめるか、そのコツを学んでいただきたいと思っています。
そうすることで、この記事の内容が皆さんの血となり肉となります。英語力が確実についてきます。

ただ読んだだけでは、内容は消化されず、せっかく費やした時間も無駄になります。
最初は難しいです。でもあきらめてはダメです。これをやるかやらないかが勝負の分かれ目です。

ぼくがまとめに使う型は「起結転結・意」です。起承転結ではありません。
この型を使うと皆さんのプレゼンは日本語、英語ともにすばらしく完結にかつ説得力をもちます。
この考え方、使い方については、また今後、アップしていきますので楽しにしていてください。

以下、本日の記事の要点を「帰結転結・意」でまとめます。

(起)・つかみ
COVID19が引き金になり、エネルギーば化石燃料がらクリーンエネルギーへのシフトが加速した。
この傾向はもうもとにはもどらない。

(結)・結論・できるだけワンセンテンスで言い切る。
クリーンエネルギーは、世界の地政学、経済、人々の健康この3つのエリアにプラスの影響をあたえる。しかし、二つのリスクもある。中国と石油産油の動き。

(転)・論点を3つ以内で転回する
プラスにはたらく3つのエリア
①地政学の安定におおきなプラス。
今までは石油資源の確保が世界の地政学を不安定にしていた。中東戦争の頻発など。
しかし、クリーンエネルギーソースは世界各地に分散されるので、紛争が減り、地政学は安定する。

②経済の安定。
今までは石油の値段変動によって、世界経済はおおきくゆさぶられてきた。 
しかし、クリーンエネルギーの値段は安定するので、経済変動も安定する。

③人々の健康も向上。
今までは毎年400万人が、石油資源エネルギーからの汚染によって命をおとしていた。
これから死者はは激減する。

2つのリスク
①中国によるクリーンエネルギー技術、資源の独占
②石に産油国によるマーケットシェア獲得のための生き残りをかけた紛争

(結)・再び結論を繰り返す。
クリーンエネルギーは、世界の地政学、経済、人々の健康この3つのエリアにプラスの影響をあたえる。しかし、二つのリスクもある。

(意)自分の意見をのべる。
Covid 19は人類の進歩のために二つの大きなプレゼントをくれた。
①Digitization
②Shift to Clean Energy

Leaders
The new energy order
Power in the 21st century
Efforts to rein in climate change will up-end the geopolitics of energy

Oil fuelled the 20th century—its cars, its wars, its economy and its geopolitics. Now the world is in the midst of an energy shock that is speeding up the shift to a new order. As covid-19 struck the global economy earlier this year, demand for oil dropped by more than a fifth and prices collapsed. Since then there has been a jittery recovery, but a return to the old world is unlikely. Fossil-fuel producers are being forced to confront their vulnerabilities. ExxonMobil has been ejected from the Dow Jones Industrial Average, having been a member since 1928. Petrostates such as Saudi Arabia need an oil price of $70-80 a barrel to balance their budgets. Today it is scraping along at just $40.

There have been oil slumps before, but this one is different. As the public, governments and investors wake up to climate change, the clean-energy industry is gaining momentum. Capital markets have shifted: clean-power stocks are up by 45% this year. With interest rates near zero, politicians are backing green-infrastructure plans. America’s Democratic presidential contender, Joe Biden, wants to spend $2trn decarbonising America’s economy. The European Union has earmarked 30% of its $880bn covid-19 recovery plan for climate measures, and its president, Ursula von der Leyen, used her state-of-the-union address this week to confirm that she wants the eu to cut greenhouse-gas emissions by 55% over 1990 levels in the next decade.

The 21st-century energy system promises to be better than the oil age—better for human health, more politically stable and less economically volatile. The shift involves big risks. If disorderly, it could add to political and economic instability in petrostates and concentrate control of the green-supply chain in China. Even more dangerous, it could happen too slowly.

Today fossil fuels are the ultimate source of 85% of energy. But this system is dirty. Energy accounts for two-thirds of greenhouse-gas emissions; the pollution from burning fossil fuels kills over 4m people a year, mostly in the emerging world’s mega-cities. Oil has also created political instability. For decades petrostates such as Venezuela and Saudi Arabia, with little incentive to develop their economies, have been mired in the politics of handouts and cronyism. In an effort to ensure secure supplies, the world’s big powers have vied to influence these states, not least in the Middle East, where America has roughly 60,000 troops. Fossil fuels cause economic volatility, too. Oil markets are buffeted by an erratic cartel. Concentration of the world’s oil reserves makes supply vulnerable to geopolitical shocks. Little wonder that the price has swung by over 30% in a sixth-month period 62 times since 1970.

A picture of the new energy system is emerging. With bold action, renewable electricity such as solar and wind power could rise from 5% of supply today to 25% in 2035, and nearly 50% by 2050. Oil and coal use will drop, although cleaner natural gas will remain central. This architecture will ultimately bring huge benefits. Most important, decarbonising energy will avoid the chaos of unchecked climate change, including devastating droughts, famine, floods and mass dislocation. Once mature, it should be more politically stable, too, because supply will be diversified, geographically and technologically. Petrostates will have to attempt to reform themselves and, as their governments start to depend on taxing their own citizens, some will become more representative. Consuming countries, which once sought energy security by meddling in the politics of the oil producers, will instead look to sensible regulation of their own power industry. The 21st-century system should also be less economically volatile. Electricity prices will be determined not by a few big actors but by competition and gradual efficiency gains.

Yet even as a better energy system emerges, the threat of a poorly managed transition looms. Two risks stand out. Autocratic China could temporarily gain clout over the global power system because of its dominance in making key components and developing new technologies. Today Chinese firms produce 72% of the world’s solar modules, 69% of its lithium-ion batteries and 45% of its wind turbines. They also control much of the refining of minerals critical to clean energy, such as cobalt and lithium. Instead of a petrostate, the People’s Republic may become an “electrostate”. In the past six months it has announced investments in electric-car infrastructure and transmission, tested a nuclear plant in Pakistan and considered stockpiling cobalt.

China’s leverage depends on how fast other economies move (see briefing). Europe is home to giant developers of wind and solar farms—Orsted, Enel and Iberdrola are building such projects around the world. European firms are leading the race to cut their own emissions, too. America’s trajectory has been affected by the rise of shale oil and gas, which has made it the world’s largest oil producer, and by Republican resistance to decarbonisation measures. If America were to act on climate change—with, say, a carbon tax and new infrastructure—its capital markets, national energy laboratories and universities would make it a formidable green power.

The other big risk is the transition of petrostates, which account for 8% of world gdp and nearly 900m citizens. As oil demand dwindles, they will face a vicious fight for market share which will be won by the countries with the cheapest and cleanest crude. Even as they grapple with the growing urgency of economic and political reform, the public resources to pay for it may dwindle. This year Saudi Arabia’s government revenue fell by 49% in the second quarter. A perilous few decades lie ahead.

Faced with these dangers, the temptation will be to ease the adjustment, by taking the transition more slowly. However, that would bring about a different, even more destabilising set of climate-related consequences. Instead, as our special report in this issue explains, the investments being contemplated fall drastically short of what is needed to keep temperatures within 2°C of pre-industrial levels, let alone the 1.5°C required to limit the environmental, economic and political turmoil of climate change. For example, annual investment in wind and solar capacity needs to be about $750bn, triple recent levels. And if the shift towards fossil-fuel-free renewable energy accelerates, as it must, it will cause even more geopolitical turbulence. The move to a new energy order is vital, but it will be messy.

グーグル翻訳
石油は20世紀、つまり自動車、戦争、経済、地政学に燃料を供給しました。今、世界は新しい秩序への移行を加速しているエネルギーショックの真っ只中にあります。 covid-19が今年初めに世界経済に打撃を与えたため、石油の需要は5分の1以上減少し、価格は暴落しました。それ以来、不安定な回復が見られましたが、旧世界に戻る可能性は低いです。化石燃料の生産者は、彼らの脆弱性に立ち向かうことを余儀なくされています。エクソンモービルは、1928年から加盟しているダウジョーンズ工業株30種平均から除外されました。サウジアラビアなどの石油国は、予算のバランスを取るために1バレルあたり70〜80ドルの石油価格を必要としています。今日、それはたった40ドルでかき集めています。

以前にオイルスランプがありましたが、これは異なります。国民、政府、投資家が気候変動に目覚めるにつれて、クリーンエネルギー産業は勢いを増しています。資本市場は変化しました。クリーンパワー株は今年45%増加しています。金利がゼロに近いため、政治家はグリーンインフラストラクチャ計画を支持しています。アメリカの民主党大統領候補であるジョー・バイデンは、アメリカ経済の脱炭素化に2兆ドルを費やしたいと考えています。欧州連合は、気候対策のために8800億ドルのcovid-19回復計画の30%を割り当てており、その大統領であるウルズラフォンデアライエンは今週、彼女の一般教書演説を使用して、EUの削減を望んでいることを確認しました。今後10年間で1990年のレベルを55%上回る温室効果ガス排出量。

21世紀のエネルギーシステムは、石油時代よりも優れていることを約束します。人間の健康に優れ、政治的に安定し、経済的に不安定ではありません。シフトには大きなリスクが伴います。無秩序な場合、それは石油国家の政治的および経済的不安定性を増し、中国のグリーンサプライチェーンの管理を集中させる可能性があります。さらに危険なことに、それは遅すぎる可能性があります。

今日、化石燃料は85%のエネルギーの究極の供給源です。しかし、このシステムは汚れています。エネルギーは温室効果ガス排出量の3分の2を占めています。化石燃料の燃焼による汚染は、主に新興世界の大都市で、年間400万人以上を殺しています。石油はまた、政情不安を引き起こしました。何十年もの間、ベネズエラやサウジアラビアなどの石油国家は、経済を発展させるインセンティブがほとんどなく、配布資料やクロニズムの政治に悩まされてきました。安全な供給を確保するために、世界の大国はこれらの州に影響を与えるために戦ってきました。特に、アメリカに約60,000人の軍隊がいる中東ではそうです。化石燃料も経済の変動を引き起こします。石油市場は不安定なカルテルに悩まされています。世界の石油埋蔵量が集中しているため、供給は地政学的ショックに対して脆弱になっています。価格が1970年以来62回、6か月間に30%以上変動したのも不思議ではありません。

新しいエネルギーシステムの写真が浮かび上がってきています。大胆な行動により、太陽光や風力などの再生可能電力は、現在の供給量の5%から2035年には25%に、2050年にはほぼ50%に上昇する可能性があります。石油と石炭の使用量は減少しますが、よりクリーンな天然ガスが中心となります。このアーキテクチャは、最終的に大きなメリットをもたらします。最も重要なことは、脱炭素エネルギーは、壊滅的な干ばつ、飢饉、洪水、大規模な混乱など、未確認の気候変動の混乱を回避することです。供給が地理的および技術的に多様化するため、成熟すると、政治的にも安定するはずです。石油国家は自らを改革しようと試みなければならず、政府が自国民への課税に依存し始めるにつれて、一部はより代表的になるでしょう。かつて石油生産者の政治に干渉することによってエネルギー安全保障を求めていた消費国は、代わりに自国の電力産業の賢明な規制に目を向けるでしょう。 21世紀のシステムは、経済的にも変動が少ないはずです。電気料金は、少数の大企業ではなく、競争と段階的な効率の向上によって決定されます。

しかし、より良いエネルギーシステムが出現したとしても、管理が不十分な移行の脅威が迫っています。 2つのリスクが際立っています。独裁的な中国は、主要なコンポーネントの製造と新技術の開発において優位に立っているため、一時的に世界の電力システムに影響を与える可能性があります。今日、中国企業は世界のソーラーモジュールの72%、リチウムイオン電池の69%、風力タービンの45%を生産しています。また、コバルトやリチウムなど、クリーンエネルギーに不可欠な鉱物の精製の多くを制御します。人民共和国は、石油国家の代わりに「電気国家」になる可能性があります。過去6か月で、電気自動車のインフラストラクチャとトランスミッションへの投資を発表し、パキスタンの原子力発電所をテストし、コバルトの備蓄を検討しました。

中国のレバレッジは、他の経済がどれだけ速く動くかに依存します(ブリーフィングを参照)。ヨーロッパには風力発電と太陽光発電の巨大な開発者がいます。Orsted、Enel、Iberdrolaは世界中でそのようなプロジェクトを構築しています。欧州企業も、自社の排出量を削減する競争をリードしています。アメリカの軌道はシェールオイルとガスの台頭の影響を受けており、世界最大の石油会社となっています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。