• ビジネスで戦える英語力を

China’s fintech champion On the march

巨大なアリが上海の高層ビル群の上をのし歩く。Economist最新号は世界最大のfintech集団AntGroupが上海に上場されることで金融の世界に革命が起きると言います。世界を相手にビシネスをする方、投資に興味のある方、必見です!
China’s fintech champion
On the march
The blockbuster listing of Ant Group shows how fintech is revolutionising finance

In 1300 or so Marco Polo, a Venetian merchant, introduced Europeans to a monetary marvel witnessed in China. The emperor, he wrote, “causes the bark of trees, made into something like paper, to pass for money all over his country”. Eventually the West also adopted paper money, some six centuries after China invented it. More recent foreign travellers to China have come back agog at the next big step for money: the total disappearance of paper, replaced by pixels on phone screens.

China’s pre-eminence in digital money is likely to be on display in the next few weeks with the monster listing of Ant Group, its largest fintech firm, in Hong Kong and Shanghai. Measured by cash raised, it will probably be the biggest initial public offering in history, beating Saudi Aramco’s last year. Once listed, Ant, which was formed in 2004, could have a similar value to JPMorgan Chase, the world’s biggest bank, which traces its roots to 1799. Ant’s rise worries hawks in the White House and enthralls global investors. It portends a bigger transformation of how the financial system works—not just in China but around the world.

Jamie Dimon, JPMorgan’s boss, and others have kept a wary and admiring eye on Ant for years. Spun off from Alibaba, an e-commerce firm, it has over 1bn users, mostly in China, and its payments network carried $16trn of transactions last year, connecting 80m merchants (see Briefing). Payments are just the appetiser. Users can borrow money, choose from 6,000 investment products, and buy health insurance. Imagine if main-street banks, Wall Street’s brokers, Boston’s asset managers and Connecticut’s insurers were all shrunk to fit into a single app designed in Silicon Valley that almost everyone used. Other Chinese firms, notably Tencent, which owns the WeChat app, also operate cutting-edge fintech arms.

China is not alone. The pandemic has supercharged activity elsewhere (see Finance section). Alongside the surge in global e-commerce and remote working there has been an accompanying boom in digital payments, which have jumped by 52% at Venmo, an American network, compared with last year, and by 142% at Mercado Pago, a Latin American fintech. Parisian farmers’ markets, pizza firms and Singaporean hawkers have upgraded their systems so they can be paid instantly without physical contact or cash. Investors sense a tectonic shift, like the one that shook retailing. Conventional banks now account for only 72% of the stockmarket value of the global banking and payments industry, down from 96% in 2010.

If the surge in digital finance is universal, the business models behind it are not. In Latin America look out for digital banks and e-commerce pioneers such as Nubank and MercadoLibre, owner of Mercado Pago. In South-East Asia Grab and Gojek, two ride-hailing services, are becoming “super-apps” with financial arms. Fintech firms now provide the majority of consumer loans in Sweden. In America credit-card firms such as Visa (the world’s most valuable financial firm), digital-finance giants such as PayPal (the sixth) and the big banks both co-operate and compete. Tech giants such as Apple and Alphabet are dipping their toes in, tempted by the financial industry’s $1.5trn global pool of profits.

There is much to be excited about. At its best, fintech offers big gains in efficiency. If the world’s listed banks cut expenses by a third, the saving would be worth $80 a year for every person on Earth. Ant makes razor-thin margins on payments and takes minutes to grant a loan. Gone are the days of getting gouged by money-changers in airports. Firms such as TransferWise and Airwallex offer exchange services that are cheaper and faster.

Digitisation also promises to broaden the spread of finance. Reaching customers will be easier and data will make loan underwriting more accurate. Firms like Square and Stripe help small businesses connect to the digital economy. In India and Africa digital finance can free people from dodgy moneylenders and decrepit banks. By creating their own digital currencies, governments may be able to bypass the conventional banking system and tax, take deposits from, and make payments to citizens at the touch of a button. Compare that with the palaver of Uncle Sam posting stimulus cheques this year.

Yet the fintech conquest also brings two risks. The first is that it could destabilise the financial system. Fintech firms swarm to the most profitable parts of the industry, often leaving less profit and most of the risk with traditional lenders. Fully 98% of loans issued through Ant in China ultimately sit on the books of banks, which pay it a fee. Ant is eventually expected to capture a tenth or more of Chinese banking’s profits. Lumbering lenders in the rich world are already crushed by low interest rates, legacy it systems and huge compliance costs. If they are destabilised it could spell trouble, because banks still perform crucial economic functions, including holding people’s deposits and transforming these short-term liabilities into long-term loans for others.

The second danger is that the state and fintech “platform” firms could grab more power from individuals. Network effects are integral to the fintech model—the more people use a platform the more useful it is and likely that others feel drawn to it. So the industry is prone towards monopoly. And if fintech gives even more data to governments and platforms, the potential for surveillance, manipulation and cyber-hacks will rise. In China Ant is a cog in the Communist Party’s apparatus of control—one reason it is often unwelcome abroad. When Facebook, a firm not known for its ethical conduct, launched a digital currency, Libra, last year, it caused a global backlash.

As the fintech surge continues, governments should take a holistic view of financial risk that includes banks and fintech firms—Chinese regulators rightly snuffed out Ant’s booming business in loan securitisation, which had echoes of the subprime fiasco. Governments should also lower barriers to entry so as to boost competition. Singapore and India have cheap, open, bank-to-bank payment systems which America could learn from. Europe has flexible banking that lets customers switch accounts easily. Last, the rise of fintech must be tied to a renewed effort to protect people’s privacy from giant companies and the state. So long as fintech can be made safer, open and respectful of individual rights, then a monetary innovation led by China will once again change the world for the better.

リーダー
中国のフィンテックチャンピオン
行進中
Ant Groupの大ヒットリストは、フィンテックがどのように金融に革命を起こしているかを示しています

1300年頃、ヴェネツィアの商人であるマルコポーロは、中国で目撃された金銭的な驚異をヨーロッパ人に紹介しました。 皇帝は、「紙のようなものにされた木の樹皮を、彼の国中にお金のために渡すようにさせます」と書いた。 結局、西側も紙幣を採用しました。中国がそれを発明してから約6世紀後のことです。 最近の中国への外国人旅行者は、お金のための次の大きなステップで苦しんで戻ってきました:紙の完全な消失、電話スクリーン上のピクセルへの置き換え。

中国のデジタルマネーにおける卓越性は、香港と上海で最大のフィンテック企業であるAnt Groupのモンスターリストとともに、今後数週間で展示される可能性があります。 調達した現金で測定すると、これはおそらく歴史上最大の新規株式公開であり、昨年のサウジアラムコを上回っています。 上場後、2004年に設立されたAntは、1799年にルーツをたどる世界最大の銀行であるJPモルガンチェースと同様の価値を持つ可能性があります。Antの台頭は、ホワイトハウスのタカを心配し、世界の投資家を魅了します。 これは、中国だけでなく世界中で、金融システムの仕組みが大きく変化する前兆です。

JPMorganのボスであるJamieDimonやその他の人々は、何年もの間、Antを警戒して賞賛してきました。 電子商取引会社であるアリババからスピンオフし、主に中国に10億人以上のユーザーがおり、その決済ネットワークは昨年、8000万の加盟店を接続して16兆ドルの取引を行った(ブリーフィングを参照)。 支払いは単なる前菜です。 ユーザーはお金を借りたり、6,000の投資商品から選択したり、健康保険を購入したりできます。 メインストリートの銀行、ウォールストリートのブローカー、ボストンの資産運用会社、コネチカットの保険会社がすべて縮小され、ほとんどすべての人が使用するシリコンバレーで設計された単一のアプリに収まると想像してみてください。 他の中国企業、特にWeChatアプリを所有するTencentも、最先端のフィンテックアームを運用しています。

中国だけではありません。 パンデミックは他の場所で過給された活動をしています(財務のセクションを参照)。 グローバルなeコマースと在宅勤務の急増に伴い、デジタル決済のブームが伴い、米国のネットワークであるVenmoでは昨年と比較して52%増加し、ラテンアメリカのMercado Pagoでは142%増加しました。 フィンテック。 パリのファーマーズマーケット、ピザ会社、シンガポールの行商人は、物理的な接触や現金なしで即座に支払いができるようにシステムをアップグレードしました。 投資家は、小売業を揺るがしたような構造変化を感じています。 従来の銀行は現在、世界の銀行および決済業界の株式市場価値の72%しか占めておらず、2010年の96%から減少しています。

デジタルファイナンスの急増が普遍的である場合、その背後にあるビジネスモデルはそうではありません。 ラテンアメリカでは、デジタル銀行や、NubankやMercadoPagoの所有者であるMercadoLibreなどのeコマースのパイオニアに注目してください。 東南アジアでは、2つの配車サービスであるGrabとGojekが、金融機関を備えた「スーパーアプリ」になりつつあります。 フィンテック企業は現在、スウェーデンの消費者ローンの大部分を提供しています。 アメリカでは、Visa(世界で最も価値のある金融会社)などのクレジットカード会社、PayPal(6番目)などのデジタルファイナンスの巨人、および大手銀行の両方が協力して競争しています。 AppleやAlphabetなどの大手テクノロジー企業は、金融業界の1.5兆ドルの世界的な利益プールに誘惑されて、足を踏み入れています。

わくわくすることがたくさんあります。 最高の状態で、フィンテックは効率を大幅に向上させます。 世界の上場銀行が経費を3分の1削減した場合、節約額は地球上のすべての人にとって年間80ドルの価値があります。 Antは支払いに非常に薄いマージンを作り、ローンを与えるのに数分かかります。 空港で両替商に襲われる時代は終わりました。 TransferWiseやAirwallexなどの企業は、より安価で高速な交換サービスを提供しています。

デジタル化はまた、金融の広がりを広げることを約束します。 顧客への連絡が容易になり、データによってローンの引受がより正確になります。 SquareやStripeのような企業は、中小企業がデジタル経済に接続するのを支援しています。 インドとアフリカでは、デジタルファイナンスにより、人々を危険な金貸しや老朽化した銀行から解放することができます。 政府は独自のデジタル通貨を作成することで、従来の銀行システムや税金を回避し、ボタンを押すだけで市民から預金を受け取り、市民に支払いを行うことができる場合があります。 それを、今年のアンクルサムの投稿刺激チェックのパレーバーと比較してください。

しかし、フィンテックの征服には2つのリスクも伴います。 一つ目は、金融システムを不安定化させる可能性があるということです。 フィンテック企業は業界で最も収益性の高い部分に群がり、多くの場合、従来の貸し手には利益が少なく、リスクのほとんどが残ります。 中国のAntを通じて発行されたローンの98%は、最終的には銀行の帳簿に記載されており、銀行は手数料を支払います。 Antは最終的に、中国の銀行の利益の10分の1以上を獲得することが期待されています。 豊かな世界の材木貸し手は、低金利、レガシーITシステム、および莫大なコンプライアンスコストによってすでに押しつぶされています。 銀行は、人々の預金を保持し、これらの短期負債を他の人のための長期ローンに変換するなど、依然として重要な経済的機能を果たしているため、不安定化すると問題を引き起こす可能性があります。

2番目の危険は、州およびフィンテックの「プラットフォーム」企業が個人からより多くの力を獲得する可能性があることです。 ネットワーク効果はフィンテックモデルに不可欠です。プラットフォームを使用する人が増えるほど、プラットフォームはより便利になり、他の人がそれに惹かれる可能性が高くなります。 そのため、業界は独占に陥りがちです。 また、フィンテックが政府やプラットフォームにさらに多くのデータを提供すれば、監視、操作、サイバーハッキングの可能性が高まります。 中国では、Antは共産党の統制装置の歯車です。これは、海外では歓迎されないことが多い理由の1つです。 倫理的な行動で知られていないFacebookが昨年デジタル通貨Libraを立ち上げたとき、それは世界的な反発を引き起こした。

フィンテックの急増が続く中、政府は銀行やフィンテック企業を含む金融リスクの全体像を捉える必要があります。中国の規制当局は、サブプライムの大失敗の反響を呼んだローン証券化で、Antの急成長するビジネスを正当に消し去りました。 政府はまた、競争を促進するために参入障壁を下げる必要があります。 シンガポールとインドには、アメリカが学ぶことができる安価でオープンな銀行間決済システムがあります。 ヨーロッパには、顧客が簡単に口座を切り替えることができる柔軟な銀行があります。 最後に、フィンテックの台頭は、巨大企業や州から人々のプライバシーを保護するための新たな取り組みと結び付けられなければなりません。 フィンテックをより安全に、オープンに、そして個人の権利を尊重することができる限り、中国が主導する金融革新は再び世界をより良い方向に変えるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。