• ビジネスで戦える英語力を

プロフィール

河原崎ケニー・プロフィールはココをクリック
          ⬇️
https://drive.google.com/file/d/14JMHQZML7EzZOUDZn9gxdbjSmFpN7isz/view?usp=sharing

Kenny Kawarazaki  プロフィール

過去20年間にゴールドマンサックス、マイクロソフト、ディズニー、野村證券、電通など世界を代表する企業、3万人以上に、英語で「リーダーとしてのビジョンを魅力的に伝える英語プレゼンスキル」、「欧米人とロジカルに議論をして説得する英語ディベートスキル」、「全員の知恵を引き出す英語ミーティングスキル」、「チーム全体を育てるコーチングスキル」、「仕事に夢とやりがいを見つけ自己実現するモティベーションスキル」、「英語、中国語短期習得術」などを伝授。ビジネスにすぐに使えるこれらのスキルを確実にマスターさせる参加型のワークショップは常に高い評価を得ている。また、結論、ポイントを明快にした説得力あるプレゼンスキルを習得できる独自の「ダイヤモンドストラクチャー」は外資系企業、グローバル化を急ぐ日系、および中国企業でのプレゼンの基本型として定着しつつある。

コロンビア経営大学院MBA取得。ゴールドマンサックス、ニューヨーク本社および東京支店で株式セールスとして7年間活躍する。その間、世界的なカリスマスピーカーの超一流のプレゼン技術を徹底研究し、外資系金融で成功するプレゼンの理論を確立し、起業。自らも、世界92カ国に22万人のメンバーをもつトーストマスターズ英語スピーチコンテストに参加し、全日本2位に輝く。日本英語連盟主催社会人英語ディベートコンテストにおいても、決勝でアメリカ人チームを破り、全日本1位の実績を残し、自らの理論の正しさを証明する。現在も年間約100回以上のワークショップを日英中、三カ国語で実施している。2014年、中国語資格試験最上級のHSK6級に合格。上海にて中国語でプレゼンスキルを中国人参加者に実施、高い評価を受ける。 自らの使命は日本、アジア、欧米の次代を担うリーダーを育成すること。

【主要顧客】

金融:ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガン、アメリカンエクスプレス、CITIBANK、RBS、バークレイズキャピタル、香港上海銀行、野村證券、 日興證券、Fidelity、インベスコ、MUFG、ORIX

薬品: アベンティス、ファイザー、バイエル薬品、ゼネカ薬品、第一製薬、武田薬品、小林製薬、

広告: 電通、博報堂

製造: マイクロソフト、ソフトバンク、IBM、NEC、日立オート、日本電産

通信: KDDI、NTT西日本

食品:日本コカコーラ, マスターフーズ、サッポルビール、栗田工業

コンサルティング:プライスウォーターハウス、トーマツコンサルティング、アーンストヤング

エンターテインメント:ウォルトディズニー

保険:AIG、アクサ生命、第一生命、ソニー生命、安田生命

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。